RenderIN
For SketchUp Users
    
マテリアル仕様

レンダーのイメージの品質を改良するとき、 Render[in]はSketchUpの全てのマテリアルに新しいパラメーターを追加します。 これらは、 Render[in]のマテリアル仕様のウィンドウで見ることができます。最初に4つのタブがあります。

上記に説明したように、 これら新しいパラメーターの効果は、リアルタイムプレビューですぐに確認する事ができます。

この3つの設定、 Reflection(反射), Shininess(輝度) and Bump(バンフ)。 他のパラメーターにOpacity(不透明)など Render[in]によってスケッチアップにマテリアルで表現できなかった事を 表示します。

renderin

2 - Reflection(反射):
マテリアルの反射を制御します。
反射の強度は最強で「1」,反射ゼロで値は「0」です。

3 - Shininess(輝度):
マテリアルの反射の輝きを制御します。
最大ボヤケで「0」 と 完全な反射で「1」です。

4 - Opacity(不透明):
マテリアルの透明性です。 このパラメータはスケッチアップと同じです。

5 - Refraction(反射):
この機能は透明なマテリアルにだけ作用します。各々下記の値があります。 (air: 1; air, water: 1.33; glass: 1.50; ice: 3.30)。 スライドかあるいは数値を入力してください。

6 - Smoothness(スムーズさ):
カーブの表面のスムーズさを管理します。 スライドかあるいは数値を入力してください。

7 - Light Emitter(ライト発光):
ネオン光源を追加した時、スライドかあるいは数値を入力してください。 「0」の時は発光しません。「1」の時は最大に発光します。

8 - Bump(バンプ):
テクスチャマテリアルの場合にだけ有効です。このパラメーターはテクスチャを簡単に制御します。 初期設定は、「0」。最大は「1」か「-1」です。

9 - Use diffuse(拡散):
“Use Diffuse(拡散)”にチェックした場合、 バンフ効果によって拡散マップだけ設定できます。



RENDER[IN]とは

インターフェイス
動作環境


インストール

インストール
アンインストール


ライセンス

アクティベーション
ディアクティベーション


GETTING STARTED

インターフェイス
プレビューウィンドウ
メニュー& ツールバー


操作画面

マテリアル
3D環境
照明
レンダリング


レンダリング

計算 イメージ画像
iVisit3D パノラマ 計算
Using iVisit3D パノラマ
Ivisit3D panorama on iOS
     
     

Copyright c 2012LivingCG
有限会社リビングCG  Artlantis正規代理店 : http://www.artlantis.jp / Render[IN]正規代理店 http://www.renderin.jp /  ArchiSuite正規代理店 http://www.archisuite.jp