RenderIN
For SketchUp Users
    
レンダリング 仕様設定

このツールウィンドウでは、レンダリングの設定をパラメータで管理することができます。
ユーザはアウトプットのイメージ画像のサイズ・品質を選択できます。

注意: プレビュー画面では全てのオプションは反映されません。
renderin

1 - レンダリングサイズ:
幅x高さを設定します。
右の”チェーン”は幅・高さの比率を固定にしています。

2 - ビューサイズ:
ユーザがアウトプットイメージ画像を「現在のサイズにリカバー出来ます。ロックはスケッチアップのビュー比率を保ちます。

3 - パノラマ フラッシュビュー:
Webブラウザ上での幅x高さのサイズを設定する事ができます。 ロックは現在の比率を固定にする事ができます。

4 - レンダリングサイズ:
パノラマは簡単な6面の立方体の画像を作ります。それぞれの画像は定義された大きさになっています。 下記の4つから選択してください。 pixel: 800x800, 1024x1024, 1280x1280, 2048x2048。

5 - Linear Visit:
スケッチアップのそれぞれのシーンはパノラマを作成します。 このオプションはそれぞれの視点をパノラマでつなぐ事ができます。もし、これにチェックしなかったら、視点は下段にサムネイルが表示されるだけです。

6 - アンチ-アライジング:
このオプションはアンチアライジングです。 この効果は、カーブ・コーナーの滑らかさを表現します。しかしその分計算が遅くなります。

7 - ラジオシティー:
この設定には、3つのレベルがあります。
”None”,” Medium”,”Normal and High”。
しかしもし、Highに設定したら、それだけ時間がかかります。

8 - 照明:
照明を設定します。照明がどのようにモデルを照らすかを設定します。3つの段階があります。
Default”,” Interior” and” Exterior”。

 


RENDER[IN]とは

インターフェイス
動作環境


インストール

インストール
アンインストール


ライセンス

アクティベーション
ディアクティベーション


GETTING STARTED

インターフェイス
プレビューウィンドウ
メニュー& ツールバー


操作画面

マテリアル
3D環境
照明
レンダリング


レンダリング

イメージ画像
iVisit3D パノラマ計算
iVisit3D パノラマ
Ivisit3D panorama on iOS
     
     


Copyright c 2012LivingCG
有限会社リビングCG  Artlantis正規代理店 : http://www.artlantis.jp / Render[IN]正規代理店 http://www.renderin.jp /  ArchiSuite正規代理店 http://www.archisuite.jp